FC2ブログ

コンプレッサ死亡 (/_;)

コンプレッサにスイッチを入れると、微かな音とともに逝ってしまいました。
押入れで長く眠らされていましたが、購入から約40年良く頑張ってくれました。
ホビージャパンの裏のショップ情報で東京まで買いに行った思い出があります。
プロモデラーの越智さんのお店だったと思います。

オリンポス「AD-COM2002」というコンプレッサーです。
コンプレッサ死亡01

最近、異音がしてきていたので、壊れそうと思っていたので、買ってあったのがこちらです。
GSI クレオスの「Mr.リニアコンプレッサー L7 PS254」です。
コンプレッサ死亡02
●本機の用途 : エアーブラシ塗装用コンプレッサー
●適 応 流 体 : 空気
●定 格 圧 力 : 0.1MPa
●最 高 圧 力 : 0.15MPa
●吐出空気量 : 7.0リットル/min.0.05MPa 
●定 格 時 間 : 連続
●作 動 音 : 55dB(無負荷時)
●吐出口サイズ : 1/8(S)
●定 格 電 圧 : AC100V
●定格消費電力 : 43/39W
●定格周波数 : 50/60Hz
●本 体 寸 法 : 長さ170×幅142×高さ185(mm)
●本 体 重 量 : 2.9kg

使ってみて驚いたのはとても静かで電源スイッチを切り忘れそうなほどです。
ガンプラ塗装にはちょうど良いコンプレッサーでした。
これから頑張ってもらいます(笑)



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

塗装持ち手を作る~♪

塗装持ち手は、いつもはこの2種類のサイズをメインに使っています。
竹串に電工ペンチでかしめて作ったものです。
挟むのはこの2種類でバッチリです (*^^*)
塗装持ち手01

塗装に便利です。
持ち手

楊枝もよく使います。
楊枝

竹串もです。
竹串

先日、差し込みの方のパーツを塗装中にポトリと落としてしまったので、
今回は割り箸を使って新たに塗装持ち手を作ってみました。
まずは、柔プラランナーを使った差し込みタイプにしてみました。
塗装持ち手02

そのままだと抜けちゃうので、ABSパイプで隙間はプラリペアで埋めました。
差し込むタイプは竹串と楊枝も併用していきます。
塗装持ち手03

球形のポリキャップです。
塗装持ち手04

首のポリキャップです。
塗装持ち手05



人気ブログランキングへ

BMCタガネケースVer2.0制作~♪

n兄さんのTwitterのタガネケースを見て作ってたVer2.0です。
右側に3mmだけ横に置き、左側はZEROから2.0mmまで
収納できるようにく作ってみました。
BMCタガネケース01jpg

こんな感じです。
BMCタガネケース02jpg

後から縦に収納する方には仕切りを1mmプラ板で2枚作り
6本づつ収納できます。
6本が3箇所、1本が1箇所の19本が収納できます。
そんなに本数持っていないのですが、
BMCタガネケース03jpg

テプラを出したついでにヤスリの当て木にも番手を貼り直しました。
三菱鉛筆のシャープペンの替芯ケースを愛用しています。
丁度よい大きさと厚みがもちやすいです。
空研ぎやすりの当て木

今日は会社の人から叉焼をいただいたので晩酌のお友にします。
真空パックになっていて、お店の品物のようです。
晩酌01

味の方もお店のようで、めちゃ美味しかったです (*^^*)
晩酌02



人気ブログランキングへ

BMCタガネケース制作~♪

n兄さんのTwitterのタガネケースを見て作ってみました。
縦に置くタイプで作ってみました。

今までは端材にドリルで穴を開けたものを使ってました。
BMCタガネケース01

ダイソーさんで売っているカードケースを使って作ります。
このぴったりサイズのケースが素敵です。
BMCタガネケース02

ケースを開けて、引き出してもそのままでも使えるようにしました。
BMCタガネケース03

1mmプラ板を使って、こんな感じに作りました。
収納カードサイズ縦93mm、横57mmです。
BMCタガネケース04

タガネの刃の収納部は下1mm、上2mm(2枚)のプラ板を使ってます。
刃の入口は斜めに削ってます。
あまり考えていなかったのでZERO、2.0mm以上が入りません。
上も1mmにするといいかもしれません。
全サイズ入る、ヴァージョンアップ版を作ってみたいです。
BMCタガネケース05

メガネルーペ買ってみました。
拡大鏡になります。
これで精度アップを道具頼りで狙います。
メガネルーペ

紫陽花が綺麗に咲き出しました。
あじさい



人気ブログランキングへ

装甲裏ディティールアップ~♪

プラモTips」記事も地味ながら57記事になってました。

今回は装甲裏のディティールアップです。
1/100スケール「GN-006 ケルディムガンダム」のリアアーマーです。
今回は比較的に平らなパーツだったのでスタンプ台におしつけて
紙にペタンと押し付けてから切り出しました。
いつもはメンディングテープを使ってプラ板に写しとって切り出すことが多いです。
過去記事も参考にしてみてくださいね (^_^)/
装甲裏ディティール01

デザインを考えてフレーム上に切り抜きますが、今回は比較的に平らなパーツだったので
スタンプ台におしつけて紙にペタンと押し付けてみました。
装甲裏ディティール02

今回はここにプラ板を貼り付けていきました。
装甲裏ディティール03

スジ彫りを入れたプラ板を裏に貼って完成です。
装甲裏ディティール04



人気ブログランキングへ
プロフィール

ちくら

Author:ちくら
四半世紀ぶりにプラモデルを
作りはじめました♪
たまにグルメ記事も♪
立ち飲みLoveに♪
気軽にカキコミしてください♪
よろしくお願いします m(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
バナー

chikura002.gif


chikura001.gif
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR