エアブラシの使い方♪

私のエアブラシの使い方を紹介します。
雑誌とかを見ると、ちょっと手順が違うので、邪道なのかもしれませんが、
エアブラシ(ハンドピース)の中でちょうど良い粘度に調整しています。

まずは塗料ビンのフタをあけます。
こんな風に分離しているので、タミヤの調色棒で混ぜます。
回すよりも前後に調色棒を動かすと良く混ざる気がします。
エアブラシを吹く01

良く混ざれば、OKです。
エアブラシを吹く02

うすめ液をエアブラシの中に入れます。
私は、ホームセンターで買ったボトルに、うすめ液を入れて使っています。
エアブラシを吹く03

調色棒を伝わらせて、塗料を入れていきます。
だいたいですが、うすめ液1に対して、塗料4前後ぐらいかと思います。
エアブラシを吹く04

エアブラシのネジを緩めます。
この状態で「うがい」になりますので、うすめ液と塗料をよく混ぜます。
エアブラシを吹く05

これだと、だいぶ濃いので、多分、吹けないか、糸をひくと思います。
エアブラシを吹く06

こんな感じで、細かな泡でちょうど良い感じで吹けます。
エアブラシを吹く07
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様です♪


カップの中で希釈されるんですね!! 僕は以前、記事にも書きましたが水性派なんですが、よく水性は希釈しなくてもいいなんて言われてますが、あれは嘘です^^ クレオスの水性ホビーは1:1で薄めますし、白などの粘りが強い色は塗料1に対して、1.5から2倍に薄めてました。 今はボークスのファレホしか使ってませんが、それでも塗料1に対して0,5から1倍に薄めてますw
雑誌なんかのHOW TOは間違いではないですが、自分のやり方が1番いいです・・・(笑)

papaaoさん、こんにちわ。

え~、カップの中で直接、希釈しているので、ちょっと邪道かと思って初公開です(笑)

プラモデルを作りはじめた時は、水性にしようと揃えたのですが、乾燥時間になじめず
ラッカー派に戻りました。
乾いたつもりで、指紋後が何度かついて、あきらめました。

水性は1.5~2倍なのですね。
ボークスのファレホという塗料は、初めて聞きました。
色々なものがあるのですね。
参考になります。
プロフィール

ちくら

Author:ちくら
四半世紀ぶりにプラモデルを
作りはじめました♪
たまにグルメ記事も♪
立ち飲みLoveに♪
気軽にカキコミしてください♪
よろしくお願いします m(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
バナー

chikura002.gif


chikura001.gif
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR